個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き

本

一括請求されたら

借金を延滞していると一括請求されてしまうことがあります。お金がないのに一括請求されても支払えるはずはないです。こうなったら債務整理をするしかないです。しかし、マイホームは失いたくないのであれば個人再生です。信用情報がブラックになるデメリットはありますが、大幅に減額できます。

ジャッジガベル

他の債務整理との違い

個人再生は、官報に名前が掲載される、継続的な収入がないとできない、信用情報に事故登録されるといったデメリットがあります。それなりにデメリットはありますが、借金も数百万円単位で減額できるなどメリットがあります。

電卓

債務整理を行う前に

個人再生を行うとブラックリスト入りしてしまうデメリットがあります。その他にも債務者の過半数に手続きの申請に対しての認可がおりなければ手続き失敗となります。さらに個人再生の手続きを行うには5000万以下に限るので注意しましょう。

説明

自己破産以外の解決法

返済不可能な借金があるけど住宅を手放したくない、そう考えると一生借金に苦しめられてしまうように感じます。しかし個人再生をすれば財産を残したまま無理なく借金を返済できるまで減額することができ、デメリットもありますが圧倒的にメリットのほうが大きいです。

女性

借金を減額し生活再建

個人再生は、大幅に借金を圧縮する手続きでありますが利用条件が厳しいデメリットがあります。継続的な収入が求められるなどの条件があります。本当にこの手続きが合っているのかは、借金額や財産、収入状況で異なるので専門家に相談されるのをおすすめします。

住宅を保持したまま返済

男性

経済的再生を図る手続き

債務整理の手続きの中で、個人再生があります。任意整理と同様に借金額を圧縮できる整理方法なのですが、個人再生はその減額幅が大きいことが特徴です。住宅を失いたくない方も自己破産と異なり保持したまま手続きができます。例えば借金が450万円あったとします。任意整理だと、過払い金が発生していなければ減額することはできませんが、個人再生を選択すると500万円以下の借金は咲いて返済額100万円以上の返済をすれば、残りの債務は免除してもらうことができるのです。ただし、任意整理以上に利用条件が厳しいデメリットがあります。最低額以上の返済は、3年間継続しなければならないので、安定した収入があることが条件となります。さらには、債権者の同意も必要になるのです。その他にも信用情報機関に事故情報として登録されることになりますので、5年〜7年間は新たな借り入れができないデメリットがあります。個人再生だけでなく債務整理をすると事故登録されます。そして、個人再生は手続きが非常に複雑となっています。そのため費用をかけたくないから債務者自身が一人でやると思っても最後まで手続きをやり遂げるのは非常に難しいです。裁判所のホームページを見ても弁護士への依頼を推奨しているくらいなのです。ただし、専門家に依頼するとどうしても費用が高くなるデメリットがあります。このようなデメリットがありますが、弁護士費用以上に個人再生は借金減額幅が大きいです。数百万単位で減額できることもあります。そのため高額な費用を払っても効果のある手続きです。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き All Rights Reserved.