個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き

自己破産以外の解決法

説明

メリットのほうが大きい

返済が苦しい借金を抱えこんでしまうとその先の人生が見えなくなり、逃げ出したくなる毎日を送ることになるかもしれません。借金は踏み倒すことも逃げ出すことも不可能で、働いても働いでも苦しい生活から解放されなく人生のどん底に落ちてしまったかのように感じることもあります。自己破産をして楽になりたい、でも家族や周りの人に心配をかけたくないし知られたくもないそう考えることもあります。借金問題で途方に暮れる生活を送っている人は個人再生という方法があり、自己破産のようにすべて手放す必要はありません。家族がいる人や住宅ローンを組んでいる人はできるだけ迷惑をかけず、借金を何とかしたいと考えることが多いのでこの方法がとても役立ちます。個人再生ができる人には条件があり、将来にわたって収入をえることが見込め債務が5000万円を超えないことです。再生計画書案が裁判所に認可されれば最大9割の債務の元金を減額でき原則として3年で借金を返済し、住宅を手放さず手続きをすることもできます。個人再生にもデメリットはあり5年から10年間借入ができなくなり住所と氏名が「官報」に掲載されますが、返済している間はデメリットを感じることはないでしょう。デメリットよりむしろ大幅な借金減額のほうがかなりのメリットであり、返済が楽になり人生を再出発できるのです。個人再生での借入ができないデメリットは家族は関係ないので、家族がローンを組みたい時は問題なくできます。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き All Rights Reserved.