個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き

債務整理を行う前に

電卓

返済が楽になるのは

個人再生を行うと、現在抱えて借金が大幅に減額する事ができます。債務者が債務整理を行う事を拒否する事がありますが、個人再生は相手が拒否しても裁判所を利用する手続きになるので基本的には債務者が拒否する事ができます。基本的には個人再生を行う事で、借金を大幅に減額できますがこれには条件がいくつかあります。まず個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生手続」の2つの方法があります。小規模個人再生の手続きを行うには過半数以上の債務者に論を出されてしまうと手続きの許可を取る事ができません。これが大きなデメリットの1つです。もう一つの給与所得者等再生の場合には債務者の同意が必要ではないため手続きを滞りなく進める事ができます。個人再生を行うと様々なデメリットも生じてしまいます。まず、ブラックリスト状態になる事です。この状態になると数年間クレジットカードの作成やローンを組む事ができなくなります。もう一つは個人再生は借金を減額する事はできますが基本的に返済義務が無くなると言う事ではありません。そのため、手続きの後に月々んの返済が出来なくなってしまうと減額した借金が復活してしまう可能性もあります。さらに個人再生の手続きを利用するには借金の限度額が設定されています。基本的には5000万以下の借金に対して行う事ができる手続きとなっている為、それ以上の借金の場合には自己破産になってしまいます。個人再生にはメリットも多いですがデメリットもあります。これらのデメリットを把握した上で手続きを行いましょう。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き All Rights Reserved.