個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き

一括請求されたら

本

マイホームだけは守りたい

消費者金融からの借金が滞ってしまい、払いたいけれど払えない、返済の目途が立たないまま2ヶ月過ぎたあたりから、突然一括請求されてしまった、お金がないから返済が滞っているのに一括で支払えるわけがないです。このタイミングでようやく債務整理を検討することになります。債務整理の中でも最も人気があり多く利用されているのが任意整理です。任意整理をしたほうが、短期間で和解までもっていくことができる手軽な手続きですが、減額できるかどうかは過払い金の有無にかかわっており、3年で返せるだけの安定した収入がないとできない手続きなのです。自己破産もありますが、大切なマイホームを失うことになります。マイホームだけは守りたいのであれば個人再生を検討することになります。個人再生はマイホームを失わずに借金を減額できる方法です。自己破産よりも失うものが少なく任意整理よりも大幅に減額できるのです。しかしデメリットもあります。主なデメリットは、信用情報に個人再生した事実が載るので今後ローンが利用できない、クレジットカードが作れない、スマホの本体を分割で購入できないデメリットがあります。他にも官報に名前が掲載されまる。以上のようなデメリットが個人再生にはありますが、ローンやクレジットカードが使えなくなることで、これ以上借金が増えることがない、早期に完済できたときには、その後の収入は貯蓄をしたり保険に回すことができるメリットがあります。

Copyright© 2018 個人再生はデメリットがある?高額な費用を払っても効果のある手続き All Rights Reserved.